ご利用規約

第1章 総則

第1条(目的)
1.本利用規約はモーリスコーポレーション株式会社(以下「当社」という)が管理運営するアパホテルをサイクルポートとするレンタサイクルシステム(以下「アパりん」という)の利用に際しての各種条件を定めるものです。尚、本規約に定めのない事項については、法令又は一般の慣習に従うものとします。
2.この規約は、第2条3.の定めの会員がアパりんを利用する際に適用されるものとする。
第2条(用語の定義)
本規約における用語は次のことを意味します。
1.レンタサイクルシステム:サービス時間内において、利用者に自転車を貸出しするシステムのことで、利用者は利用後借りた場所に自転車を返却する。
2.サイクルポート:自転車の貸出し、返却及び保管場所のことをいう。
3.会員:アパりんの利用を希望する個人で利用規約に合意し、利用手続きを済ませた利用者をいう
4.鍵貸出機:アパりん自転車の鍵の貸出機を言い、利用者は所定の手続きにより鍵貸出機より鍵を受け取り、自転車の鍵の解錠を行う。

第2章 アパりんの利用

第3条(入会契約の締結等)
1.アパりんの利用を希望する者は、スマートフォン・携帯電話等から当社が指定する方法により、入会契約の申し込みを行うものとします。なお、申込者が未成年者の場合は、事前に保護者の同意を得たうえで申し込みを行ってください。
2.アパりんの利用は、本規約に合意できる者であり、合意できない者は、アパりんを利用することができません。
3.前1項の申し込みに対し、当社が承諾した場合に、入会契約が成立するものとします。
第4条(会員の表明事項)
会員は会員登録に当たり、次の各号に定める事項に付き、当社に対し保証する。
1.利用申込書の記載内容に、虚偽の記載がないこと。
2.自転車の利用者が会員本人であること。
3.過去の貸出において、料金の未払いがないこと。
4.過去の貸出において、第15条の禁止事項への違反がないこと。
5.会員に麻薬、覚せい剤、シンナー等の中毒症状がないこと。
6.会員が、暴力団、暴力団関係団体の構成員若しくはその他の反社会的勢力に関与する者でないこと。
第5条(届出事項の変更)
会員は、当社に届出た住所、氏名等に変更が生じた場合には、当社所定の届出書により、速やかに当社に届出るものとする。
第6条(入会契約の解除)
当社は、会員が次の各号に掲げるいずれかに該当した場合は、事前の通知又は催告することなく入会契約を解除することができるものとします。
1.本規約その他の当社との間の契約の約定に違反したとき。
2.アパりんの利用において、交通事故を起こしたとき。
3.会員が、利用料金の支払いを一回でも遅延したとき。
4.第4条の各号及び第15条の各号に該当したとき。
第7条(事業の中止・一時休止・再開等)
1.アパりんの全部又は一部の利用不能、その他の理由により、当事業の継続が困難であると当社が判断した場合には、当社は当事業を中止することができることとします。
2.当社は、自然現象や地域イベントやその他の事由によりサービスの安全な提供が難しいと判断した場合は、サービスの一部又は全てを休止することができるものとします。又、休止理由が解消した後のサービスの再開についても同様とします。
第8条(利用料金の支払等)
アパりん利用料金はクレジットカードによる口座自動引落です。会員は、アパりんを利用した月に係る利用料金等の合計額を当社に対して支払います。

第3章 アパりん自転車の貸出し及び返却手続

第9条(貸出手続)
利用者は当社所定の手続きにより、鍵貸出機を操作し、自転車の鍵を受け取ります。受け取った自転車の鍵で自転車の解錠を行い、自転車を自転車ラックから引き出し、目的地に向かって出掛けます。
第10条(返却手続)
利用者は自転車の利用が終了したら、貸出を受けたサイクルポートの空いている自転車ラックに自転車を返却し、自転車に施錠します。自転車への施錠完了後、鍵貸出機に自転車の鍵の返却を行います。

第4章 利用料金

第11条(料金)
1.料金とは、利用者がアパりんを利用するに当たり、会員が当社に対して支払う利用料金、延長利用料金、その他の料金をいう。尚、利用料金は、消費税を含むものとします。
2.料金を変更する場合には、当社は変更日の1週間前までに当社所定のwebサイトにて公表するものとします。

第5章 責任

第12条(点検整備)
当社は、アパりんの自転車及び鍵貸出機に対して、当社が定める基準で点検整備を行います。
第13条(自転車の動作確認)
1.会員は、自転車を借り受ける都度、利用者をして、自転車のパンクの有無、チェーンのはずれ、ブレーキの効き具合、ライトの点灯等の動作確認を実施させるものとする。
2.利用者が、前項の動作確認において、アパりんの自転車の整備不良を発見した場合は、直ちにアパりんコールセンター(0120-998-011)に連絡するものとする。
第14条(管理責任)
1.利用者は、善良な管理者の注意義務を持ってアパりんを使用するものとする。
2.前項の管理責任は利用者が自転車を借り受け、返却するまでの間において継続するものとする。
第15条(禁止行為)
利用者は、アパりんの借受期間中、次の行為をしてはならないものとする。
1.飲酒運転、無謀運転、その他交通法規に違反する行為。
2.アパりん自転車を利用者本人以外の者に利用させること。
3.乗入が禁止されている場所での利用。
4.歩行者などの通行障害となる行為。
5.自転車の構造・装置・付属品などの改造、取り外し及び変更。
6.条例等が定める自転車等放置禁止区域での駐輪。
7.その他、法令又は公序良俗に反する行為。
第16条(放置自転車に対する処置)
1.利用者が、前条6.で禁止する場所にアパりん自転車を駐輪した(以下「放置」という)とき、利用者は、放置自転車の撤去、保管等の諸経費の負担、返還までの利用料金その他放置したことに起因して当社に生じた一切の損害を賠償する責任を負うものとする。
2.前項の場合において、警察等から当社に対して自転車の放置について連絡があった場合、当社は利用者に連絡し、速やかに自転車を当社所定の場所に移動させ、違反者として法律上の措置に従うことを求めるものとし、利用者は、これに従うものとする。
3.当社が第1項の費用を立て替えて支払ったときは、当該利用者はこの費用を当社に対して速やかに支払うものとする。
第17条(アパりん自転車の返却義務)
利用者は、アパりん自転車の返却にあたり、通常の利用による損耗を除き、借り受けた時の状態で返却するものとし、備品を含む自転車の全部又は一部の損傷、紛失、盗難等が利用者の責に帰すべき事由によるときは、自転車の修理、再調達費用など、原状回復に要する一切の費用を利用者が負担するものとします。
第18条(アパりん自転車が返却されない場合の処置)
1.当社は、当社所定の利用限度時間を経過しても利用者が自転車を返却せず、かつ当社の返却請求に応じないとき、又は利用者の所在が不明などの事情により、自転車が乗り逃げされたものと当社が判断したときは、負担金50,000円の徴収並びに刑事告訴を行うなど法的手続の措置をとることができるものとします。
2.前項に該当することとなった場合、利用者は、返却されるまでの料金、自転車の回収及び利用の探索に要した費用などの他、当社に生じた一切の損害を賠償する責を負うものとします。
3.当社は、天災地変その他の不可抗力の事由により、利用限度時間を経過しても利用者から自転車が返却されなかった場合は、これにより生ずる損害について利用者の責任を問わないものとします。この場合、利用者は、直ちに運営事務局に連絡し、その指示に従うものとします。
第19条(賠償責任)
利用者は、利用者の責に帰さない場合を除いて、本規約の各条項に定めるほか、アパりん自転車を利用して第三者又は当社に損害を与えた場合には、その損害を賠償する責任を負うものとします。

第6章 自転車事故の処置等

第20条(事故処理)
1.貸出中にご利用の自転車が故障した場合は、コールセンター (0120-998-011)まで連絡することとします。
2.利用者に起因する故障については、利用者本人のご負担で修理にあたることとします。
3.自転車の付属品を紛失したり破損したりした場合は、付属品購入費用実費相当額をご負担いただきます。
第21条( 自転車の盗難・紛失)
1.自転車が盗難されたり紛失したりした場合は、直ちに状況などを警察およびアパりんコールセンター (0120-998-011)に連絡することとします。また、違約金として自転車購入費用実費をご負担いただきます。
2.違約金受領後に自転車の返却を受けた場合でも、違約金はお返しいたしません。
第22条(補償)
1.当社は、自転車を貸し渡した会員に対して日本交通管理技術協会の第二種TSマーク付帯保険を付保するものとします。
2.補償限度額を超える損害については、利用者の負担とします。
3.警察および当社に届け出のない事故、もしくは利用者が本規約に違反して発生した事故による損害については、損害保険会社および運営会社の補償制度による損害補てんが受けられないことがあることを利用者は異議なく承諾するものとします。
4.TSマーク付帯保険の保険約款の免責事項(保険金を支払わない場合)に該当する場合等保険約款により、第1項に定める補償は適用されない場合があり、これらの損害については、利用者がすべて負担するものとします。

第7章 免責

第23条(免責)
利用者は、その理由の如何に関わらず、アパりん自転車を利用したこと又は利用出来なかったことにより、自らに生じた場合でも、当社に故意又は過失がある場合を除き、当社がアパりん自転車の利用の対価として当該利用者より受領した金員の額を超えて損害の賠償を請求することができないものとします。

第8章 個人情報

第24条(個人情報の利用目的)
1.当社は、本規約による申し込み及びアパりん事業実施に伴って取得した利用者の個人情報を、下記の目的の範囲内で利用するものとします。
①当社の事業につき、利用者からの申し込みと、当社による利用の承諾などにあたり、適切な判断や対応を行うため。
②当社の事業運営において、アパりんシステムの管理に必要となる利用者への連絡や、本人確認に当たり、適切な判断や対応を行うため。
③利用者との契約につき、当社においてその契約の管理を適切に行うため。また、契約の終了後においても、照会への対応や法令などにより必要となる管理を適切に行うため。
④当社において取り扱うサービスや商品、イベントやキャンペーン等をご案内するため。
⑤サービスや商品の企画・開発、顧客満足度の向上などのための分析を行うため。
⑥当社において運営上又は経営上必要な統計資料の作成など、各種の管理及び分析を行うため。
2.当社は、アパりんシステムの運営管理を第三者に業務委託する場合には、個人情報の保護措置を講じた上で、第1項により取得した個人情報を当該業務委託先に預託するものとします。
3.利用者は、当社に対して、自己に関する個人情報の開示を請求することができるものとし、当社が保有する個人情報が不正確又は誤りであることが判明した場合には、当社は速やかに訂正又は削除に応じるものとします。
4.当社は、利用者の個人情報を、以上の範囲で共同利用するものとします。

第9章 雑則

第25条 (規約の改定)
当社が本規約を改定した場合は、当社所定のwebサイトへの掲示をもってその通知とします。また本規約の改定は、利用者への事前通知無く行うことができるものとします。
第26条(損害遅延金)
利用者は、金銭債務の履行を怠ったと時は、当社に対して年率14.6%の割合(1年に満たない場合は、1年を365日とする日割り計算)による損害遅延金を支払うものとします。
第27条(管轄裁判所)
本規約に基づく権利及び義務について紛争が生じたときは、東京地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。
附則
 この規約は、平成27年5月15日から有効とします。
お問い合わせ先:モーリスコーポレーション株式会社内
        「アパりん」コールセンター (0120-998-011)

アパりんをご利用いただくには、
会員登録が必要です。

会員登録(無料)
借りる・返す