自転車安全利用五則

1.自転車は、車道が原則、歩道は例外

道路交通法上、自転車は軽車両と位置付けられています。
したがって、歩道と車道の区別があるところは車道通行が原則です。

2.車道は左側を通行

自転車は、道路の左端に寄って通行しなければなりません。

3.歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行

歩道では、すぐに停止できる速度で、歩行者の通行を妨げる場合は
一時停止しなければなりません。

4.安全ルールを守る

飲酒運転は禁止・二人乗りは禁止・併進は禁止・夜間はライトを点灯・信号を
守り交差点での一時停止と安全確認

5.子どもはヘルメットを着用

児童・幼児の保護責任者は、児童・幼児に乗車用ヘルメットを
かぶらせるようにしましょう。

ご利用いただくには、
会員登録が必要です。

会員登録(無料)
借りる・返す